美容整形って痛くないの?

新しい麻酔技術で痛みはほとんど感じない

整形手術を受けたいと思っていても、痛みが気になって一歩踏み出せない人も多いことでしょう。しかし、近年は麻酔技術も高度化しているので、あまり痛みについては気にしなくもいいと言えます。ごくごく細い針を使って麻酔をしますから、注射の痛みも感じる必要がありません。蚊に刺されたのと同じぐらいのものですから、気づかないうちに手術が終わります。 麻酔が切れてからも鎮痛剤を貰えるので心配はないでしょう。あまりにも心配なら先生に相談をしてみると、痛みの少ない治療法を選択してくれる可能性もあります。どこを治療するのかにもよりますが、基本的には痛いことを気にして二の足を踏む必要はないと言えます。無痛治療に力を入れている美容外科もあります。

そもそもプチ整形なら痛みはほとんどない

そもそも論になりますが、最近非常に多いプチ整形であれば、メスを使って切開をすることがないために痛みも少なくなります。二重まぶたにするときにもメスは必要なく、細い針で糸を縫い付けていくだけです。切開するような痛みとは無縁でいられるのがプチ整形のいいところでしょう。 したがって傷跡もほとんど残らないですし、やり直したいと感じたら抜糸すればそれで済むのです。痛みもありませんし、後悔をすることもほとんどないでしょう。こういった特徴があるために、プチ整形は学生の人の間でも大人気になっています。美容整形の中でもっとも数多く行われているのが、目元に関するプチ整形です。二重まぶたにするのも人気ですし、涙袋を作るのも人気です。